MENU

日本保守党が大阪初街宣で何が起きた?テレビで報じられない現場の様子や虚偽通報の真相は?

2023年11月11日に政治団体・日本保守党代表で作家の百田直樹さんが大阪市の繁華街・梅田で街宣活動を行いました。

百田直樹さんが街宣活動を行ってから直ぐに、始まってすぐに、すごい数の救急車とパトカーがサイレンを鳴らしてやってきたとのことでなぜこのようなことが起きたのか現場の様子や状況について調べてみました。

目次

日本保守党の大阪初街宣で梅田の街で何が起きた?

出典先=X

日本保守党の大阪での初街宣には約2万5000人の聴衆が集まったとのことです。

それだけ、日本保守党や百田直樹さんの注目度が高く関心がある方が多く集まったということではないでしょうか。

街宣活動をして間もなくして、ものすごい数の救急車とパトカーがサイレンを鳴らしてやってきたとのことで大阪府警から『人が集まり過ぎて危険なので中止してください』と命令があったとのことです。

大阪府警から「人が集まりすぎて危険なので、中止してください!」と命令があったと明かし、百田氏は「群衆は静かに整然と話を聞いていたので、私の目には危険な兆候は見えなかった。結局、その命令を受け入れて街宣は中止になったが、私も有本香さんも河村市長も腑に落ちない気持ちが残った」と釈然としないとした。

日本保守党 騒然!大阪初街宣 人が集まりすぎて中止命令 なぜか消防車が多数出動 百田尚樹氏「不可解」(よろず~ニュース) – Yahoo!ニュース
出典先=X

人は多かったが普通に通行できていた 歩道橋の上も 聴衆は整然と 運営に問題はなかったと思う。 緊急車両が駆けつけてカオスな状態に でも急病人、火災等はなかった 演説会の引きの画像を貼っときます。 こんな言論弾圧に屈するほど日本人はやわじゃないぞ! 引きの画像貼っときま

X

しかし、実際のところ人は多かったようですが、歩道橋の上も聴衆されていた方も運営側も問題はなかったという声もあります。

騒然となった現場の状況がカオス過ぎ‼

日本保守党の大阪街宣は、 1時間程度の予定とされていたとのことですが、開始30分程度で警察・救急・消防の車両が街宣の真ん前にやって来て街宣を中止となったようです。

出典先=X

現場にいた方は、急病人がいるとのでしたが、実際に確認は取れなかったようです。

パトカーと救急車が出動した理由は『将棋倒し』と虚偽通報?

なぜ、たくさんのパトカーと救急車が出動をしたかというと『日本保守党が大阪で街頭演説するも人が将棋倒しになっていると』と虚偽通報があったと言われています。

現場にいた誰かが身の危険を感じ、119に連絡を入れたのかもしれません。

パトカーと救急車が出動したのは嫌がらせだった⁉

出典先=X

ヤフーニュースのコメント欄に現場にいた方のコメントとして警察や救急隊の方が「連絡をした方がいませんか?」と呼びかけたり「聴衆に倒れたり気分が悪くなった人がいないか」など聞きまわっていたとのことです。

現地にいたが突然消防車や救急車やパトカーがやって来て、警察や救急隊員の人が「連絡した人いませんか?」と呼びかけたり聴衆に倒れたり気分が悪くなった人見ましたかと聞き回っていた。始まってしばらく経ってから集まって来たのでやはり妨害行為だろう、東京でも多くの聴衆が集まってまさか大阪でも曽根崎警察が立ち止まらないでくれ歩道橋では泊まらないでくださいって言う位の人が集まったからな。街宣の中止要請(指示)はもう危険な状態だったのでやむを得ないが、救急車はおそらくこの状況を見てビビってる連中がやらかしたんだろうな、あ消防は大阪市で警察は大阪府の管轄、そして現在の市政と府政の与党はと考えたら答えが出そうだな

日本保守党 騒然!大阪初街宣 人が集まりすぎて中止命令 なぜか消防車が多数出動 百田尚樹氏「不可解」(よろず~ニュース)のコメント一覧 – Yahoo!ニュース

このことからコメント欄には、虚偽通報は嫌がらせだったのではと予想される方や思われている方がいます。

まとめ

今回は、2023年11月11日に政治団体・日本保守党代表で作家の百田直樹さんが大阪市の繁華街・梅田で街宣活動の様子について調べてみました。

大阪市での初めての街宣活動で25000人集まり、惜しくも途中で中止となりますが、それだけ注目度が高く関心を持っている方が多いことが分かります。

百田直樹さんの今後の動向が気になるところではないでしょうか。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

数あるブログや記事の中からお越しいただき有難うございます。
日常生活の雑談のネタになるような内容を記載していきます。
よろしくお願い致します。

目次